マイクロソフトの次世代プレゼンテーション基盤である WPF を活用する方法をサンプルコードを多用してわかりやすく解説
WPF 入門 WPF 入門
WPF での開発
WPF の基本
さらに学ぶ
サイト情報
ホーム > WPF での開発 > WPF 開発環境

WPF 開発環境

もっとも代表的な WPF の開発環境は Visual Studio です。

C# あるいは Visual Basic.NET を用いると WPF アプリケーションを開発することが可能です。

なお、当サイトでは .NET Framework 4.0 を利用しているので、Visual Studio 2010 (Visual C# 2010 等) 以降を利用することを前提としています。

Visual Studio 2010 による WPF プロジェクトの作成

XAML エディタ

以前は Windows SDK に XamlPad なるエディタが付属していましたが、今は利用できません。代わりとしては次のツールがあります。

  • Kaxaml (http://kaxaml.com/) - 元 MS の WPF チームメンバーが作っている XAML エディタ
  • XamlPadX (http://blogs.msdn.com/b/llobo/archive/2008/08/25/xamlpadx-4-0.aspx) - こちらも MS の WPF チームメンバが開発
  • XAML Cruncher (http://charlespetzold.com/wpf/) - かのチャールズ・ペゾルド氏が開発

スポンサーリンク
ホーム > WPF での開発 > WPF 開発環境
スポンサーリンク

© 2011 WPF 入門